hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【66】哀愁の国鉄ローカル線を追って・・・樽見鉄道(9)谷汲口駅  


樽見駅から、折り返しの上り16列車・大垣行きに乗車し、
谷汲山華厳寺(たにぐみさんけごんじ)の玄関駅である、谷汲口駅まで行こう。

++++++++++++++++++++++++
樽見1028=======1050谷汲口
上り16列車・普通大垣行(ハイモ295-516・単行)
++++++++++++++++++++++++

定刻の10時28分に樽見駅を発車、自分を入れて3人の乗車である。
今度は、長い下り勾配を軽快に下って行く。
復路は、写真撮影はあまりせずに、車窓を観る事に専念しよう。
なお、途中駅で下車する乗客は居らず、高尾駅で1人、鍋原駅で2人、神海駅で2人乗車して、
合計8人になる。この区間の日中の時間帯は、上り列車の方が利用客が多い様だ。



約20分で、谷汲口駅に到着。運転士に挨拶をして、途中下車となる。
谷汲口駅は、昭和31年(1956年)3月に、大垣駅からこの谷汲口駅までの初開通時の駅で、
2年後に、美濃神海駅(現・神海駅)まで延伸されるまでは、国鉄樽見線の終点だった。
起点の大垣駅から11駅目、21.6km地点、所要時間約40分、所在地は揖斐郡揖斐川町谷汲長瀬、
標高66mの終日無人駅になっている。

IMGP5607.jpg
(樽見から乗車してきた上り大垣行き列車は、直ぐに発車して行く。)
IMGP5611_201701082025226be.jpg
(国鉄風の駅名標。)

この周辺は、根尾川と支流の菅瀬川(すがせがわ)が合流する地点の根尾川西岸の平坦地で、
比較的広い川谷であり、山側に家々が集まり、川沿いに水田が広がっている。
駅所在地の字(あざな)と駅名が異なるが、西に約3kmはなれた古刹谷汲山華厳寺(けごんじ)と
旧村名の谷汲村からの由来になっている。
また、構内には、桜が沢山植えられており、樽見線一の桜名所駅となっている。


(国土地理院国土電子Web・谷汲口付近。)

ホームは緩やかなカーブになっており、樽見方に2両程度が停まれる盛り土の旧ホームと、
大垣方に新設された3両程度が停まれるコンクリートパネル製ホームがあり、
合わせて4-5両編成が停まる事が出来る、長いホームになっている。
かつて、通勤通学や花見シーズンに運行された客車列車対応する為、延伸されている。

昔は、島式一面二線の列車交換駅として使われていたらしく、側線の跡も残っている。
現在、レールは完全に撤去されており、川側が単式ホームとして使われている。

IMGP5632_20170108202528364.jpg
(大垣寄りからホーム全景。左側は線路跡、右には貨物側線があったのだろう。)

樽見方の旧ホーム部分は、南半分がアスファルトで舗装され、北半分は砂利のままである。
昔のホームの感じが残っており、アスファルトと縁石の隙間から小さな花が咲いている。
なお、左側の線路跡は埋め立てられ、ホームと線路を挟む様に桜並木が並ぶ。

IMGP5680_20170108202531b93.jpg
(樽見方の旧ホーム側。昔ながらの盛り土である。)
IMGP5612_20170108202524406.jpg
(樽見方末端部。桜が沢山植えられている。開花シーズンは見事だろう。)
IMGP5683_20170108202534c41.jpg
(縁石の隙間から、小花が力強く咲いているのも、ローカル線の一風景だ。)

旧ホームと新ホームの境目付近から、大垣方を見ると、
カーブの先に第一根尾川橋梁があり、トラス橋の上端の一部が見える。
駅の南側は明るく開けており、横幅がとても広いのが特徴だ。

IMGP5682.jpg
(大垣方と新ホーム側。)

駅舎は、旧ホームと新ホームの境目付近にあり、近年建て替えられた様子である。
駅事務室や窓の無い、簡素な開放式待合室のみの構造になっている。
また、駅前には、大きなロータリー、運動公園や公衆トイレがあるが、
商店は無く、人家も数軒のみの静かな山里の駅になっている。

IMGP5630_20170108202527b52.jpg
(ホーム側からの駅待合所。)

駅前からは、西3㎞にある古刹の華厳寺(けごんじ)まで、路線バスが運行されていて、
地理的に名鉄バスかと思ったが、近鉄バスである(※)。
平日は8往復、土日祝日は5往復半あり、下り列車の到着に合わせて発車している。
なお、所要時間は約10分、大人片道運賃100円である。

IMGP5609_2017010820252152b.jpg
(谷汲山行きの近鉄バス。)

樽見方の運動公園の並びには、樽見鉄道で使われていた旧型客車のオハフ502が、
静態保存されている。
保存状態はかなり悪いが、デッキが開いており、中の様子を覗くと・・・
両端二箇所のクロスシート座席を取り払い、石油ストーブが2つ設置されている様だ。
(※都合により、外観と内部の撮影は取り止めた。ご了承願いたい。)


(オハフ502。ウィキペディア公開ファイル、撮影者の共有許諾画像。撮影者;Kone )

元は、国鉄オハ33系のオハ35-1042で、車掌室取り付け改造後はオハフ33-1527の車番になっている。
昭和22年(1947年)の日立製作所製造、戦後形折妻屋根、シル・ヘッダー付き車両あり、
国鉄時代は、青15号塗装、TR34形台車、後に車掌室を取り付け改造し、
国鉄末期には、紀勢本線の和歌山市駅から新宮駅間で、主に活躍していたそうだ。
昭和59年(1984年)の樽見鉄道発足時に、当時の朝夕の通勤通学ラッシュに対応する為、
購入された旧型客車4両のうちの1両で、平成2年(1990年)に廃車されている。
入線時は、青いハイモ295-516の様に青地に赤白帯塗装になったが、
後に、国鉄三等級制時代のぶどう色(茶色)と窓下赤帯白線三本(三等席表示)に塗り替えられた。

【樽見鉄道オハフ502 主要諸元】
元・国鉄オハ35-1042、昭和22年(1947年)製造、全長20.0m、全幅2.9m、全高4.0m、
自重31.8t、定員68名。平成2年(1990年)老朽化の為に廃車。

暫くすると、11時18分発の下り15列車・樽見行きが、鉄橋を渡る音を響かせ、駅に到着する。
本巣駅の出発時に列車交換をした、元・三木鉄道ハイモ295-617の折り返し列車である。

IMGP5635_201701082025309a3.jpg
(下り樽見行き列車ハイモ295-617がやって来る。)

下車客は居らず、直ぐに発車。根尾谷の森の中に走って行く。



にほんブログ村鉄道ブログ鉄道旅行へ

(※)揖斐川町運営のコミュニテイバスに転換されている。運賃は変わらない。

2015年11月26日再編集
2015年12月24日加筆
2016年6月30日再編集(文体変更・文章追加。画像整理)
2017年1月8日再編集(全画像再処理入れ替え)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 樽見鉄道 全16話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --