hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【52】清流長良川と奥美濃を訪ねて・・・長良川鉄道(17)郡上八幡駅から、大矢駅へ。  


郡上八幡城下から、徒歩15分程で、駅まで戻って来た。時刻は14時過ぎである。
今度の上り列車の発車時刻を確認すると、時間が少しあるので、駅前の喫茶店アンドレで涼む事にする。
晴天下を長時間歩いたので、汗もかき、ややバテ気味だ。

昭和の雰囲気が残る喫茶店は、落ち着いた雰囲気で、列車の待ち時間に寄るのも良い感じだ。
冷たいアイスコーヒーを飲み、体の火照りが取れて、一休みした後に駅に向かう。
なお、旧・郡上街道が駅前に通るが、往来は国道に任せ、静かな地元の生活道路になっている。

上り1番線ホームのベンチで、列車を待とう。
午後の日差しを浴びて、長閑な時間が流れる・・・ 向こうの一本葉桜が良い感じだ。
良く見ると、下り2番線のホーム屋根は支柱が少し変わった構造で、
屋根裏が綺麗に白く塗られており、ハイカラな感じがする。

IMGP5009.jpg
(郡上八幡駅下り2番線ホーム。)

改札横の長ベンチでのんびりと列車を待つ・・・都市部では、味わえない感覚だ。
暫くすると、下り美濃白鳥行きの列車のナガラ300形(304)が先着し、
その6分後に上り美濃太田行きが到着して、列車交換を行う。
時間的に、帰りの観光客も大分増えてきている。

IMGP5015.jpg

この上り美濃太田行きは、最新車両のナガラ500形(503)とナガラ500形(501)の2両編成、
帰りの観光客の輸送の為、増結になっている模様である。
20人位乗車し、シートは満席となっているので、先頭車両(503)の後方運転室付近に居座ろう。
車内での切符発券の為、制服姿の女性社員氏も乗り込んでいて、忙しそうだ。

++++++++++++++++++
郡上八幡1457======1514大矢
上り14D 普通 美濃太田行き
ナガラ500形(503・501)2両編成
++++++++++++++++++



14時57分に郡上八幡駅を発車する。
見応えがある風光明媚な城下町なので、機会があったら、また訪問したい。
「フィー」と、短い汽笛をお互いに吹笛の後、ディーゼルエンジンが力強く唸り始める。

列車は大勢の乗客を乗せて、再び、長良川に沿って走る。
車内は、地元客、子供達のいる家族連れ、年配の観光客やカメラを抱えた鉄道ファンが乗車して、
盲腸線のローカル線らしくない、大変な混雑ぶりだ。

このナガラ500形(503)は、一番新しい車両の為、とても綺麗である。
西日がきつく、長良川側はブラインドを全て降ろし、外の景色は見えないが、運転席窓から楽しめる。
相生駅から深戸駅間も、川辺の崖上を走るハイライト区間になっている。

IMGP5017.jpg
(ナガラ503の運転台。富士重工業製の300形とほぼ同じデザインである。)
IMGP5021.jpg
(相生駅から深戸駅間。この付近も、良く写真紹介される区間である。)

ダブル鉄橋に挟まれた赤池駅を出発。
白い土蔵がある古い旧家の前の畑を、のんびりと耕している姿が見える。
日本的で長閑な風景に、なんだか、ほっとする所だ。

IMGP5023.jpg
(赤池駅向かいの地元農家。)

次の駅の美並苅安駅(みなみかりやす-)に停車すると、2-3人が下車する。
昭和三年(1928年)開業の古い木造駅舎があり、この付近の中心となる町になっている。

国鉄時代は、二面二線の跨線橋付きの駅だったそうだが、現在は単式ホーム一線の駅員委託駅である。
出札口が改札横に見えるが、今日は祝日なので、閉まっている様子だ。
また、第三セクター化した際に、刈安駅からこの駅名に変更をしている。

IMGP5025.jpg
(美並苅安駅の改札口。)
IMGP5025.jpg
(美並苅安駅ホーム。ウィキペディア公開ファイルより。撮影者による共有許諾画像。)

美並苅安駅を発車し、列車は左右に良く揺られながら、
長良川に付いたり離れたり、鉄橋を渡ったり・・・目まぐるしく車窓が変わる。
単式ホームの福野駅を過ぎ、郡上八幡駅から20分程で、大矢駅(おおや-)に到着する。
混んだ車内を掻き分ける様に、先頭車両運転席後ろの扉に行き、此処で降りよう。
地元と見られる乗客もひとり降りて、ホームに隣接する田畑の畦道を歩いて行った。

1_IMGP5027.jpg
(大矢駅下り2番線に到着する。)

ホームで暫く待っていると、レールに鉄輪の音を響かせながら、下り郡上八幡行きがやって来る。
この列車も、郡上八幡からの帰りの観光客に対応する為、ナガラ300形(303)と(306)の
二両編成になっており、(306)は文字広告ラッピング車になっている。

IMGP5029.jpg

汽笛を鳴らして、上り列車が先発し、その後に下り列車もエンジンを轟かせながら、
列車交換をして、大矢駅を後にする・・・。

IMGP5031.jpg

列車を見送った後、構内踏切を渡って、駅舎に行ってみよう。

IMGP5034.jpg
IMGP5035.jpg



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2015年11月24日再編集
2015年12月23日加筆
2016年6月15日再編集(文体変更・文章追加・画像整理)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 長良川鉄道 全22話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --