hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【51】清流長良川と奥美濃を訪ねて・・・長良川鉄道(16)郡上八幡観光 その6 吉田川周辺散策 後半の部  




郡上八幡旧庁舎記念館南の「いがわ小径」から引き返し、再度、北側のお城側に渡り、
宮ヶ瀬橋北側の本町と宗祇水(そうぎすい)に行ってみよう。
本町周辺は、一般の商店や観光客向けの店も多く、観光客が大勢集まる場所である。


(グーグルマップストリートビュー 宮ヶ瀬橋付近。)

徒歩3分程度で、到着する。
宮ヶ瀬橋袂の枡形には、造り酒屋の平野商店【白色マーカー】があり、京風の立派な建物になっている。
この裏手の吉田川と小駄良川に面した場所に、積翠蔵元と言う地元醸造所がある。
「積翠」(原酒本醸造・1.8L・2,550円)、「春駒」(本醸造・1.8L・1,960円)が代表銘柄で、
郡上八幡の名水と良質の米に育てられた、きめ細かくまろやかな旨味と、香りが特徴との事。

IMGP4966.jpg
(積翠蔵元・合資会社平野商店。)

造り酒屋の並びには、「肉桂玉」の暖簾が・・・飴玉屋【灰色マーカー】である。
屋号は桜間見屋と言い、創業明治20年、現在6代目となる老舗の飴玉屋だそうで、
店正面上の木製看板は、大正8年(1919年)の北町大火の難を逃れた貴重な看板との事。
ちなみに、肉桂とは、そのまま「にっけい」と読み、ニッキ(シナモン)の事である。
桜間見屋 公式HP

IMGP4965.jpg
(桜間見屋。)

桜間見屋の左横に、水のまち郡上八幡のシンボルとなっている、
宗祇水(そうぎすい)【波マーカー】の入り口がある。
室町時代の郡上の領主・東常縁(とうつねより)は、武士でありながら和歌を嗜み、
当時の高名な連歌師・僧侶である飯尾宗祇を、この郡上八幡に招いて、
約3年の間、古今和歌集の歌風を秘伝承する「古今伝授」を受けた。
滞在の間、宗祇がここの泉を気に入り、近くに草庵を結んだ事が由来になっている。

IMGP4964.jpg
(宗祇水入り口。)

石畳の急坂を少し下った所にあり、祠に水神が祀られ、豊富な水量が湧出している。
また、用途別に区画が決められており、利用後の水はそのまま小田良川に流されている。
水質はミネラルウォーターに近く、全国名水百選の一番手にも選ばれているそうだ。
郡上八幡には、幾つもの湧水があり、上水道の原水として、また、水舟もあちらこちらにある。

IMGP4963.jpg
IMGP4962.jpg
(宗祇水を掬う観光客。)

さて、宗祇水から大通りに引き返して、再び、吉田川南側に行ってみよう。
宮ヶ瀬橋を南側に渡ると・・・小さなお団子屋がある。
先ほど食べたばかりだが、フラフラと立ち寄ってしまう。

IMGP4967.jpg
(屋号は、二代目団子家。)

1本70円で2本購入。「おおきに」と京言葉で言われ、郡上八幡は京文化圏であると感じる。
小ぶりな団子が、5個付いており、程良い甘さが美味しい。

IMGP4968.jpg
(上新粉ではなく、餅粉から作っているとの事。)

この吉田川南側は、新町、橋本町と言い、多くの商店や土産物店が軒を連ね、
三つの美術館や博物館もある、大変、賑やかな場所になっている。
また、大正時代の北町大火の影響が無かったので、一角には、明治時代の商家も軒を連ねている。

その町中の一角には、「やなか水の小径」【黒色マーカー】がある。
昭和風水舟や沢山の玉石が埋め込まれた風流な水路で、元は農業用水、後は島谷用水の分水路だった。
整備された親水パークであるが、今日はとても暑いので、沢山の人達が涼をとっている。

IMGP4973.jpg
IMGP4974.jpg
(やなかの水小径。建物の間に細長くあり、休憩用のベンチも整備されている。)
IMGP4976.jpg
(昭和風タイルを使った水舟。)

途中下車してから5時間を過ぎているので、そろそろ駅に戻ろう。
観光客が多い大通りから、やなか水小径奥の小さな路地に入ると・・・
静かな住宅街【緑色マーカー】が広がっているのも良い。
地元の人達の生活の場なので、静かに通ろう。

IMGP4977.jpg
IMGP4978.jpg
(稲荷町付近の街並み。)

駅に戻る途中、国道交差点近くに食品サンプル製作会社がある。玄関の鮎が、とても大きい。
岩崎模型と言う会社で、工場見学とサンプル製作体験が出来るそうだ(入場と製作体験は有料)。
岩崎模型 公式HP

IMGP4980.jpg



相互リンクをして頂いている、しなの7号様が、平成22年12月の長良川鉄道と
郡上八幡、この造り酒屋の平野商店さんの訪問記事をアップしております。
昭和の鉄道員ブログ 「50代5000円でGO!」2010.12.12:郡上



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2015年11月24日再編集
2015年12月23日加筆
2016年6月15日再編集(文体変更・文章追加・画像整理)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 長良川鉄道 全22話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: 1   cm: --

トラックバック

トラックバックURL
→http://hmdtetutabilocal.blog.fc2.com/tb.php/62-57944bf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【112】 「50代5000円でGO!」2010.12.12:郡上

今年も冬の青春18きっぷの時期がきました。 私はこの切符が発売される時期になると、職場のオッサン2人とともに3人で、車中で酒を飲みながら、お城、温泉、酒蔵を巡る日帰り旅に出て...

昭和の鉄道員ブログ | 2011/05/16 21:05