hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【47】清流長良川と奥美濃を訪ねて・・・長良川鉄道(12)郡上八幡観光 その2 柳町  


長敬寺(ちょうきょうじ)の外垣沿いにも、用水路が流れている。
この御用用水(北町用水)は、300年以上使われており、
寛文7年(1667年)に大火で城下を全焼失した後、
三代藩主の遠藤常友が小駄良川の上流3kmから水を引き、防火の為に整備したそうだ。
城下町の用水路の整備には、4年もかかった大工事だったとの事。

御用用水は、城下の下御殿や家老屋敷にも水を供給した事から、この名がある。
水の響きはとても和み、花々や木が植えられて、地元住民や観光客の憩いの場にもなっている。

IMGP4935.jpg
(外垣の曲がった所に、亀が太鼓橋を渡っている小さな庭園が造られている。)

長教寺から鍛冶屋町が始まる交差点まで戻って、城のある東に歩き、柳町に行こう。
東隣りの殿町の南北を貫く大通りを横断し、大きなバスターミナルがある城下町プラザまで歩く。



IMGP4868.jpg
(下の川から、赤印の現在地の場所まで歩く。)

途中に、郡上おどりの銅像【赤色マーカー】と案内板が・・・
郡上おどりは、日本三大踊りのひとつで、夏の三十二晩踊り続けられる盛大な盆踊りである。
郡上藩初代藩主・遠藤慶隆が、士農工商の身分に関わらずに領民の融和の為、
藩内の盆踊りを城下に集めて踊らせたのが、始まりと言われている。
400年の歴史があり、道路や会場の真中に屋形を置いて、輪になって時計回りで踊る。

踊りは10種、場所も毎日変わり、特に「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言われる
盆の8月13日から16日までの4日間、夜から明け方にかけての徹夜踊りが圧巻だそうだ。
毎年、観光客が物見や踊りに参加する為に大勢押し寄せる。
なお、郡上おどりは、7月から9月上旬までの長期間開催され、8月中は、ほぼ毎日開催されている。
話によると、観る人よりも、踊りに参加する人が多いそうだ。
また、その時期でなくても、観光客向けのショーも通年公演されている。
郡上八幡博覧館 公式HP

IMGP4863.jpg
(郡上おどりの銅像。)

バスターミナルがある郡上八幡城下町プラザ【バスマーカー】角に到着する。
登城口の坂があり、その坂に向かって、左方向奥が柳町になっている。
柳町は奥に行くに従って、下柳町、中柳町、上柳町と三つに分かれているが、
距離としては、400m位の小さな町になっている。

IMGP4918.jpg
(下柳町の入り口付近。柳町用水が引かれている。)


(グーグルマップストリートビュー 郡上八幡柳町)

少し歩くと、右手に童地蔵【祈りマーカー】がある。
また、その先は菖蒲が生い茂る親水公園になっていて、一休みする事が出来る。

IMGP4921.jpg
(童地蔵。水舟もあり、自由に利用できる。)

水がいっぱいになるとゴットンと落ちるのは、ボットリ小屋と言うそうで、
独特なリズムを刻み、長閑さを誘っている。

IMGP4923.jpg
(親水公園。町中には、ポケットパークとして、各所に整備されている。)
IMGP4924.jpg
(ボットリ小屋。)

この柳町は、城直下の西側にあり、元々は侍町であった。
鍛冶屋町や職人町よりも道幅も狭く、北に向かって、緩やかな上り坂になっている。
民家の木製の塀下の花も、良く手入れがされ、とても綺麗だ。

IMGP4925.jpg
(下柳町の街並み。)

緩やかな坂を暫く歩くと、中柳町【黄色マーカー】に入る。
ここは、左右に家々が密集し、袖壁のある大正時代以降の建物が建ち並んでいる。

なお、歴史のある城下町に関わらず、大正時代以前の家屋が残っていないのは、
大正8年(1919年)に二度目の大火があり、現在の鍛冶屋町・職人町・殿町・柳町等がある
吉田川北側の北町が全焼した為である。
当時の新聞記事資料によると、大正8年7月16日午後3時頃に繭乾燥工場から出火し、
約570戸が焼失、2,000人もの被災民が出たそうだ。
なお、吉田川の南側には延焼せず、辛うじて、被害は無かった。
今でも、この日の前後に大火記念日として、町内で消防行事を行っているとの事。

IMGP4927.jpg
(中柳町の街並み。)

更に進むと・・・一番奥の上柳町に到着する。
大きな音を立てて、勢い良く水が水路を流れ、空き地の縁には、見事な花壇が手入れされている。

IMGP4929.jpg
(上柳町の街並み。北側から南側を撮影。)
IMGP4930.jpg
(空き地の水路横には見事な花壇がある。地元の人が手入れをしている様である。)

用水をせき止める板を「堰板(せぎいた)」と言い、洗い物等に水が利用されている。
また、地元では用水は「川」と呼ばれ、川掃除当番があるそうだ。
そして、一番奥の茶色の家がある所で、道は直角に左に曲がり、柳町は終わっている。

IMGP4932.jpg
(堰板でせき止められた水路。)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2015年11月24日再編集
2015年12月23日加筆
2016年6月12日再編集(文体変更・文章追加・画像整理)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 長良川鉄道 全22話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --