hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【309】かぶらの里、シルクの鉄路・・・上信電鉄(7)上信電鉄の電化と車両[後編]  


後編は、上信電鉄の自社発注車両とその他の車両について、簡単な解説をしたいと思う。
自社発注の電車は、伝統的な昭和デザインの三桁形式グループ3形式と、
現代風の新しいデザインの四桁形式グループ3形式の計6形式7本が運用されている。

■自社発注車両(旧デザイン)グループ■

昭和30年末から昭和50年代中頃にかけて、自社発注された上信電鉄オリジナル電車で、
老朽化した車体鋼製化電車デハ10・20形を更新する為、戦後に発注されたのが始まりである。
全て右運転台仕様で、途中駅での島式ホームにおける、タブレット(※)受け渡し便宜の名残である。
また、譲渡車の西武車との整備互換性(主要部品が共通)もあり、西武車導入の理由にもなっている。

◆200形・300形◆
昭和39年(1964年/1次車)と昭和44年(1969年/2次車)に導入。
200形は電動車(モーター車)、300形は非電動車(制御車※)の片運転台になっており、
多客時は3両編成に増結して運用されていた。
200形は5両、300形は4両製造されたが、現在、2次車の200形2両と300形2両のみ在籍する。
1次車は全廃され、廃車されたデハ203は、高崎駅の電車型待合室として使われている。
20m級、三扉車、ロングシート、中空軸平行カルダン駆動(※デハ)、コイルばね台車、右運転台。

1次車(1964年)は、デハ201-203とクハ301-302で、東洋工機製。
2次車(1969年)は、デハ204-205とクハ303-304で、西武所沢車両工場製。
屋根上の国鉄風円形通風器も懐かしく、編成中のパンタグラフはひとつで、
上信電鉄の慣例に倣い、下仁田方電動車デハに前パン(まえぱん※)になっている。

<デハ204+クハ304「世界遺産号(富岡製糸場世界遺産登録記念列車)」>
旧国電風のぶどう色に塗装され、車体側面下部に「祝富岡製糸場世界遺産登録」のロゴが入っている。
ぶどう色と言っても、濃い茶色で、国鉄の旧型電気機関車、旧型客車や旧国電の標準色だ。
在籍車の中では最もレトロな外観なので、デキ1形のイベント列車運行時に客車として代用され、
鉄道撮影派の鉄道ファンに人気がある。

下仁田方電動車のデハ204は、東武車の廃車再生品を使って両運転台に改造されたが、
単行運転をする事はなく、高崎方制御車のクハ304と常に併結している。
なお、デハ204とクハ304は、非冷房車になっており、夏期は運転される機会が少ない。

IMGP3683_20161223022849bb2.jpg
(デハ204+クハ304。貫通扉があり、左右の運転台窓の大きさが違うのが、特徴である。)
IMGP4694_201612230228554b1.jpg
(馬庭-吉井間の下流鏑川橋梁を渡る下仁田行き世界遺産号。後ろの大きな雪山は浅間山。)

<デハ205>
クリーム地に緑帯を纏う上信電鉄標準車体色。
この車両も、東武車の廃車再生品を使って、両運転台に改造されている。
単行運転が可能であるが、高崎口の乗客が多い事や非冷房車の為、
機関車代用や事故時等の救援車、法定車両検査時の予備車(代車)として使われている。

IMGP2789_2016122302283232e.jpg
(150形第二編成と並ぶデハ205。後ろには、ホキ801を連結している臨工列車※である。)

<クハ303(+デハ251)>
クリーム地に緑帯を纏う上信電鉄標準車体色。
制御車(非電動車)の為、250形の電動車デハ251とペアを組む。
この車両は冷房化をしているが、天井に扇風機も残っている。

A0001366_20161223022822874.jpg
(高崎方制御車のクハ303。黒Hゴム※で窓を固定し、全体的に丸く優しい顔立ちだ。)

◆250形◆
昭和56年(1981年)導入。新潟鉄工所(現・新潟トランシス)製。合計2両。
6000形と同時期に導入された自社発注車両で、単行運転が可能の両運転台であるが、
元々は200形の多客時増結用である。
上部がブラックアウトされ、行先・ワンマン表示器と一体化した縦長運転台窓や
連結確認用に運転台窓が前に少し傾いているのが特徴である。
この250形は全車冷房化しており、天井に扇風機も残っている。
20m級、三扉車、ロングシート、中空軸平行カルダン駆動、空気式ばね台車、右運転台。

<デハ251(+クハ303)>
クリーム地に緑帯を纏う上信電鉄標準車体色。
単行運転可能であるが、高崎口は乗客が多い為、クハ303と常時併結して運行されている。
その為、編成の前後では、顔が違っている。

運転台窓上のふたつの小さなライトは、補助ヘッドライトである。
また、高崎方運転台後ろには、大きな階段状の箱が置かれているが、床置きの冷房装置である。
バス用を流用したそうで、鉄道車両は天井・屋根設置型が多く、珍しいと言える。

A0001379_2016122302282304e.jpg
(下仁田方電動車のデハ251。この困り顔は妙に印象的で、200・300形との対比も面白い。)

<デハ252(+クハ1301)>
クリーム地に青帯を纏う上信電鉄標準車体色。
余剰となった1000形のクハ1301(片運転台制御車)と2両編成化されている。
このクハ1301も自社発注車両で、形式桁番が違う組み合わせは、この編成のみである。
その為、この編成も前後で顔が違っており、連結面の運転台は事実上閉鎖されている。

上信電鉄では、全国から応募された絵手紙を車内に展示する「絵手紙列車」を長期間運行している。
第十回目の今回は、このデハ252+クハ1301の編成で実施され、
過去最大の出展者515人、作品769点も展示されているとの事。
富岡市在住の絵手紙愛好家である井上かず子氏が中心となり、恒例となっているそうだ。
のんびりと揺られながら、旅の途中に絵手紙を鑑賞するのも、良いだろう。

A0000393_20161223022805275.jpg
(絵手紙列車のヘッドマークを掲示する下仁田方電動車のデハ252。)
A0000398_20161223022806ccc.jpg
(車内に展示された絵手紙の一部。地元沿線だけでなく、全国や外国からも寄せられている。
   風物や沿線観光地の絵が多く、上信電鉄を応援するメッセージも多い。)

■自社発注車(新デザイン)グループ■

四桁の形式は、上信電鉄の顔とも言える新しいデザインの車両で、各1本ずつ製造された。
1000形と6000形は、平面一枚運転窓とブラックバンパー付き、
7000形は、昔の西武鉄道風の二枚運転台窓立体デザインが特徴で、
地方民営鉄道の電車としては、とても垢抜けたデザインになっている。

◆1000形「木の玩具号」クモハ1001+クモハ1201◆
昭和51年(1976年)導入。新潟鉄工所(現・新潟トランシス)製。3両編成が1本のみ製造された。
ワンハンドルマスコン運転台(※)や電気指令式ブレーキを採用し、
当時の地方民鉄電車としては最先端であり、翌年に鉄道友の会ローレル賞を受賞している。
なお、全車冷房化されている。

導入時は、ミュージックホーン(※)と車内放送用鉄道唱歌オルゴールを装備し、
上州富岡駅と下仁田駅到着時の案内時にオルゴールを使用していたが、両方共に取り外された。
現在は、保育用品を扱う、桃源堂(とうげんどう)の広告ラッピング車両になっている。
東京の会社であるが、富岡市内に商品センターと倉庫がある縁との事。

20m級、三扉車、ロングシート、中空軸平行カルダン駆動、空気式ばね台車、
右運転台、ワンハンドルマスコン、冷房化済み。

IMGP3860.jpg
(馬庭駅に到着する1000形。運転席窓が傾斜し、乗降ドアの戸袋窓が無いのが特徴である。
   パンタグラフは各車に一基であるが、上信電鉄の慣例に反し、高崎方に設置している。)

乗客減少の為、3両編成を2両編成化した際、
余剰となった高崎方制御車のクハ1301は、250形の電動車デハ252と組み合わせられている。
オリジナルの運転台を電動中間車である、モハ1201(現・クモハ1201)に移植し、
新たな運転台を再設置した珍しい車両になっており、オリジナルとは異なる。
また、250形と併結する為、従来の空気式ブレーキに改造されているので、
冷房が必要な夏期のデキ1形イベント列車に、客車役として使われる事もある。

A0000400_20161223022807d4a.jpg
(クハ1301。250形似であるが、貫通扉が無く、尾灯周りは1000形のバンパー塗装を模す。)

◆6000形「日野自動車号」クモハ6001+クモハ6002◆
昭和56年(1981年)導入。新潟鉄工所(現・新潟トランシス)製。
上信電鉄初の冷房車で、1000形設計の流れを汲んでおり、
当時の急行・準急運行開始に合わせて、群馬県から補助金を受けて新製された車両である。
1000形のデザインを受け継ぐが、ヘッドライト位置等の細部が異なる。
また、千鳥配置のセミクロスシート車であり、ロングシート部とクロスシート部の窓幅が異なる為、
左右の窓配置がずれているのが珍しい。現在は、オールロングシート化されている。

なお、ミュージックホーンと車内放送用鉄道唱歌オルゴールも装備しているが、使用されていない。
因みに、国鉄車両以外で、鉄道唱歌オルゴールを搭載する民鉄車両は大変珍しい。
オリジナル曲のオルゴールならば、大手民営鉄道等の特急車両での実績がある。

20m級、三扉車、セミクロスシート(千鳥配置)からオールロングシート化済み、
中空軸平行カルダン駆動、空気式ばね台車、右運転台、ワンハンドルマスコン。

IMGP2794.jpg
(6000形。日野自動車のダカール・ラリー参戦時の塗装になっているそうだ。)

赤色のインパクトのある塗装から、上信電鉄のフラッグシップ的電車である。
現在は、群馬日野自動車株式会社(販売会社)の広告ラッピング車両になっており、
正面運転台窓下にエンブレムもあって、日野自動車製と思わせる細工は、
真面目な社風の上信電鉄のちょっとした洒落になってる。
なお、グループ企業の上信電鉄バスは、全車日野車を導入しているので、その由縁であろう。

◆7000形◆
平成25年(2013年)導入。新潟トランシス製。
富岡製糸場の世界遺産登録に合わせ、国と地元自治体の全額支援で、自社発注された。
予算の関係で、1年に1両ずつ製造されているので、同形式・同編成で製造年が違うのが珍しい。
上信電鉄初のスリーブイエフインバータ制御(VVVF※)、ボルスタレス台車(※)や
シングルアームパンタグラフを採用し、快適性を重視したセミクロスシート車になっている。
なお、自社発注車であるが、例外的に左運転台になっている。
ワンハンドルマスコンは、1000・6000形は運転席の中央にあるが、7000形は左側にある。

20m級、三扉車、セミクロスシート、TD継手式平行カルダン駆動、ボルスタレス台車、
左運転台、ワンハンドルマスコン(左手操作型)。

A0001080_2016122302281390d.jpg
(7000形。先頭部は横から見ると「く」の字である。下部に大型バンパーも装備している。)

パンタグラフは、下仁田方クモハ7001にツーパンタグラフ(※)を搭載している。
また、広告ラッピングはされていないが、地元の高崎高等学校鉄道研究部がデザインした
富岡製糸場の煉瓦と上信電鉄の社章を大きくあしらった、自社ラッピングがされている。

■電気機関車・貨車■

電気機関車と貨物用車両については、高崎駅の記事でも少し紹介したが、
電化当時にドイツ・シーメンスシュッケルト社から輸入された、凸型直流電気機関車デキ1形2両と、
国産凸型電気機関車・伊那電気鉄道デキ1形の箱型改造車のED361(36形1)、
二軸有蓋貨車テム1形2両、線路にバラスト(砕石)を敷設する国鉄ホキ800形1両がある。

ED361以外は、本線運行が可能であり、主にイベントや貸切列車に使われている。
なお、デキ1形2(デキ2)は廃車されており、富岡市の「もみじ平総合公園」に静態保存されている。

【上信電鉄デキ1形(1・3)の主な諸元】
全長9.2m、全幅2.7m、全高3.9m、自重34.5t、B-B軸配置(※)、吊り掛け駆動(※)、
50kW直流モーター×4基、抵抗制御、重連統括運転可、定格引張力3,084kgf。

A0001310_20161223022820859.jpg
(イベントで200・300形「世界遺産号」を牽引するデキ3。山名駅南の大カーブにて。
   電車のパンタグラフも上がっているが、補機駆動の為らしく、運転士は立席している。)

【上信電鉄ED31形6(316)の主な諸元】
長さ11.8m、全幅2.5m、全高4.2m、自重40t、B-B軸配置、吊り掛け駆動、
85kW直流モーター×4基、抵抗制御、定格引張力3,400kgf。

A0001380.jpg
(箱型車体に大改造されたED31形6。元の形が全くわからないのも面白い。
   ※上信電鉄感謝フェア2016の公開時に撮影。)

テム1形は、下仁田から石灰石を運ぶ為の有蓋貨車(ゆうがい-/屋根付き貨車の事)だった。
国鉄テム300形と同形で、昭和36年(1961年)に富士重工業で10両製造され、
うち8両が廃車されたが、動態保存車が2両あり、デキ1形とイベント運行する事がある。
また、上州福島駅に2両、下仁田駅に3両の廃車が留置され、倉庫として使われているらしい。
最盛期は、自社所有の10両では足りず、国鉄テム300形10両を借り受けて運行していた。
全長7.9m、全幅2.6m、全高3.8m、自重9.2t、荷重15.0t、二段リンク式二軸車輪。

IMGP4828_2016122216033099d.jpg
(高崎車両区に留置されているテム1形1。)

国鉄ホキ800形は、線路のバラスト(砕石)散布作業に使われており、
普段は、バラスト積み場のある下仁田駅に留置されている。
昭和63年(1988年)11月に、当時のJRから譲渡されたそうだ。
全長12.8m、全幅2.7m、全高2.9m、自重18.1t、荷重30.0t、ボギー台車TC41C。

IMGP2792_20161223022842dc9.jpg
(ホキ800形801。ハンドルを操作すると、漏斗下の傾斜部からバラストが左右に落ちる。)

「ホキ」の前に小さく「オ」が付いているが、全長12m以上の貨車の国鉄車種区分である。
よって、表記は「オホキ」となるが、通例で「ホキ」と言われている。
「ホ」は、ホッパー車こと、鉱石や砕石、小麦等を積むバラ積み貨車(※)の事で、
車体下部に重力を利用した取り出し口がある。

■保線用車両■

保線作業や車両の入れ替えに使われる車両で、新旧2両の動力車とトロッコが数両ある。
通称「軌道モーターカー」と言われるが、取り回しの良い、ディーゼルエンジン駆動の車両である。
他、保線員の移動・巡回用のレールバイクや小型トラック改造のレールカー等も使われている模様。

なお、保線用車両は営業用車両と違うので、動力車操縦者運転免許(※)は不要であるが、
速度は時速45kmまでに制限され、信号機誤作動を防止する為にレールと絶縁されている。
(レールには軌道回路があり、信号機の電流が流れる事で、列車位置を検知している為。)

<GT200-1A形>
新型の鉄友工業製GT200-1A形は、2012年入線した埼玉高速鉄道からの譲渡車である。
キャブが大きく、数人の作業員も乗車移動が出来、後部には大型ユニック(クレーン)がある。
普段は、高崎駅南の高崎車両区に留置されている。

A0001397_201612230228250b1.jpg
(体験試乗中のGT200-1A形。自重は20tある。※上信電鉄感謝フェア2016の公開日に撮影。)

<土シーキモ57形>
昭和46年(1971年)に開発された、富士重工業製小型ユニック付きモーターカーTMC200-C形で、
185馬力ターボ付きディーゼルエンジン搭載の小型機であるが、
25パーミルの急勾配を時速15kmで60トンも牽引できる。
車軸間が長いB軸配置であり、台車上にある油圧ジャッキで車体を持ち上げ、
車体部分を旋回させて、方向転換ができる機能が付いている。
普段は南蛇井駅(なんじゃい-)、または、下仁田駅の側線に留置されている。

形式名が凄いネーミングであるが、上信電鉄の保線区は施設区と呼ばれており、
「土木・施設区・(の)・軌道・モーターカー」の頭文字を取ったのではないかと思われる。

A0001083_201612230228143c9.jpg
(下仁田駅側線に留置されている土シーキモ57形。昭和50年製である。)

<土シーカサ4形>
土シーキモ57形に連結される、大型の平長トロッコ。
超小型コイルばね台車を前後にふたつ、B-B配置の四軸車である。
他に、レール等を運ぶ長物運搬用の2両組み合わせ平短トロッコもあるとの事。
形式名の「カサ」は、おそらく貨車の転訛であろう。

A0001092_20161223022816a4f.jpg
(土シーカサ4形。保線資材を運ぶ低床汎用トロッコである。)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

(※タブレット)
ある決められた区間における、列車通行許可証。金属製の円盤である。
現在は、コンピューター制御で自動信号機化しているので、殆ど使われていない。
(※制御車)
運転台はあるが、モーターのない非動力車。国鉄車種区分は「ク」。
(※吊り掛け駆動とカルダン駆動。)
車軸の上にモーターを載せ、大歯車で直接駆動するのが吊り掛け駆動、
車軸の上に載せずに台車枠上にモーター置き、継手(カルダン)を介して、
車軸を駆動するのがカルダン駆動である。
イメージ的には、FR式自動車のプロペラシャフトを使う様な駆動方法である。
振動が少なく、乗り心地が良くなる長所や高速運転化、線路へのダメージ軽減になる。
(※前パン)
先頭車進行方向の運転台真上にパンタグラフを装備、または、上げて運行する事。
パンタグラフが一基の場合は、一般的には、編成中央寄りに設置する事が多い(後パン)。
(※臨工列車)
保線の為に運行される臨時工事列車。
(※黒Hゴム)
車体にガラスを固定する為の黒色のゴム。断面がH形であるのが由来。白いのは白Hゴムと言う。
劣化すると雨水が入り、車体腐食の原因になるので、使われなくなった。
(※マスコン)
マスターコントトーラの略。主幹制御器のハンドルのこと。車のアクセルに相当。
電車の伝統的なツーハンドル運転台は、左にマスコン、右にブレーキハンドルを配置する。
近年は、マスコンとブレーキハンドルを一体化した、ワンハンドルマスコンも多い。
(※ミュージックホーン)
通常の警笛やタイフォン(ファーンと言う警告音)の他に、音楽を奏でる音楽笛を装備する事がある。
接近警告やファンサービスで使う事がある。
(※スリーブイエフインバータ制御/VVVF)
架線から取り入れた直流電流を交流に変換し、交流モーターを駆動・制御する電源装置。
効率が良く、従来から用いられていた直流モーターよりも、メンテナスが簡単でコストの安い
交流モーターを搭載できるので、最近の電車の駆動・制御方式の主流である。
(※ボルスタレス台車)
台車の上に車体が乗っているが、その間にある線路方向と直角に置かれた
長方形の枕梁(まくらばり/ボルスタ)が無い台車。
本来は、枕梁によって車体と台車は一体化し、牽引力や制動力を伝達する重要部品であるが、
これを積層ゴム状の空気バネと台車内のZリンクに置き換えた軽量台車で、現在の台車形式の主流。
(※ツーパンタグラフ/ツーパン)
1両にふたつのパンタグラフが装備されている事。略して「ツーパン」とも言う。
近年はパンタグラフの性能向上で、ひとつのパンタグラフで十分である事が多い。
(※B-B軸)
アルファベットは車軸の数を表す。A=1、B=2、C=3、D=4、E=5、F=6。
国鉄の蒸気機関車や電気機関車等の形式アルファベットも同じ。
例;D51→Dは動輪4軸、C11→Cは動輪3軸、EF65→Eは電気機関車、Fは車軸数6、
  DE10→Dはディーゼル機関車、Eは車軸数5。
(※ホッパー車)
国鉄では、石炭運搬用の貨車は別車種の「セ」になっている。
(※動力車操縦者運転免許)
鉄道車両を運転する為の国家資格免許。

【参考資料】
鉄道ファン 各号

クハ303、250形、クハ1301、7000形、電気機関車や保線用車両は、秋の追加取材時の撮影です。
カメラ機種が違う為、色調が若干異なります。
スナップ撮影ですので、撮影時間帯によっては車両に影が入ります。ご了承下さい。

2016年12月23日再編集(画像入れ替え高解像化・校正)

© hmd all rights reserved.
記事や画像の転載、複製、商業利用等は固くお断り致します。

category: 上信電鉄1日目 全17話

thread: 鉄道の旅 - janre: 旅行

tb: --   cm: --