hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【31】大正ロマンと日本一の田園風景を訪ねて・・・明知鉄道(12)岩村駅下車観光 岩村城下 後半の部  




国道交差点角の水野薬局【青色マーカー】の並びには・・・
今では、此方の方が全国的に有名で、好きな方も多いかと。
純米吟醸酒「女城主」や「幻の城」で知られる地元造り酒屋の岩村醸造【茶色マーカー】がある。
天明7年(1787年)創業、元々は藩御用達の運送業が本業であり、酒造りは副業だったそうだが、
明治の廃藩置県以降に本業となったそうだ。

毎年2月には、お猪口代100円で試飲出来る蔵開きがあり、大勢の観光客で賑わうそうだ。
また、店内には、大正時代に作られた荷役用トロッコと100m程の軌道があるとの事。
日本酒の良い香りが、外までほのかに漂い、店内を覗くと、呑兵衛達で大変な賑わいだ。
岩村醸造 公式HP

IMGP4518_20110425212931.jpg
IMGP4517.jpg


(グーグルマップ 岩村醸造 屋内ストリートビュー。奥の工場まで公開されている。)

また、岩村醸造の向かいには、カステラ屋の松浦軒本店【灰色マーカー】があり、
大勢の女性観光客が並んでいる(観光客の顔が多数写るので、未撮影)。
江戸時代、岩村藩のお抱えの藩医が、長崎で医学の勉強がてらにカステラの製法を学び、
当時、城下町の和菓子屋であったこの店に、カステラの製法を伝授したと言われている。
今では、向かいの岩村醸造の日本酒と並び、この街の代表的な土産になってる。
松浦軒本店 公式HP

駅の方に引き返そう。
岩村郵便局の並びにある勝川家【赤色マーカー】があり、恵那市所有の歴史観光施設として、
無料公開しているので、立ち寄ってみよう。
江戸時代後期、「松屋」の屋号で、材木や年貢米を扱った豪商として栄えたそうで、
幕末には、木村家や浅見家と同様に藩財政を支えた名家のひとつになっている。
恵那市 HP 観光ページ "え〜な〜ココ” 勝川家

【江戸城下町の館 勝川家】
入館料無料。火曜日定休及び年末年始休み。
9時30分から16時30分まで開館(12月から2月は、10時から16時まで)。

IMGP4533.jpg

通りから入って直ぐの母屋の座敷は、江戸時代後期の建築との事。
木造二階建てが二棟あり、土蔵や中庭、後庭を擁する大邸宅になっている。
街道の宿場町の様に、通りに面した間口よりも、奥にかなり広くなっているのが特徴だ。
なお、隣接する浅見家の母屋よりも、古いらしい。

IMGP4534.jpg
(通りに面した母屋の座敷。)

母屋を通り抜けると、広い中庭に、大きな土蔵が3つ囲む様に並んでいる。
一番大きなものは、小さな土蔵を長屋の様に4つ並べた「四戸前土蔵」という大蔵で、
米俵3000俵(1俵は約60kg×3000=180t)も収納出来たそうだ。
一番奥の蔵には、蕎麦屋のテナントが入っている。
また、当時、町内外には、松屋山と言う勝川家所有の山林が多数あり、
そこから伐り出された銘木も、この土蔵に貯蔵された言われている。

IMGP4538.jpg
(中庭入り口横にある土蔵は、江戸時代の土蔵と言われている。)
IMGP4535.jpg
(最も大きな四戸前土蔵。岩村城の払い下げと言われている。)

大蔵の前から、通りの入口方向を見ると・・・中庭に面して、離れと美しい日本庭園もある。

IMGP4537.jpg

離れの中も公開されているので、靴を脱いで、屋内に上がってみよう。
岩村の町中としては、珍しい書院風のこの離れは、昭和初期の建築になるそうだ。
廻り廊下や縁側もあり、懐かしい日本家屋の造りは、とても和む。

この離れには、明治政府の廃城令で取り壊しになった岩村城の用材が、
払い下げられて、一部に使われているらしい。
この廊下の床板が、城で使われていた用材ではないかと言われている。

IMGP4547.jpg

三方が日本庭園に面しており、手入れも良く大変綺麗である。
ちょっと座って眺めながら、一服・・・。

IMGP4540.jpg

急な階段を上がると、二階には、娘の部屋がひと部屋だけある。
天井が高く、雨戸も無い、三方がガラスで囲まれた開放感のある8畳位の部屋になっており、
ここから見える蔵が、とても立派だ。
ガラスを良く見ると・・・わずかに平面が波打つアンテークガラスになっている。

IMGP4541.jpg
IMGP4542.jpg

階段を降りると、一階のお風呂場の隣の水場がある。昭和の香りが漂っている。
他、書院、茶室や使用人部屋など多くの部屋があり、往年の暮らし向きを感じる事が出来る。

IMGP4545.jpg

急ぎ足の見学だが、そろそろ、駅に戻ろう。
岩村城址も見たいのだが、あいにく、時間が足りず・・・。

帰り道、駅に近くに古いバイク屋があり、看板の電話番号も4桁のままで、相当古い感じだ。
軒下の大きなスバルの看板が、とても重そうに掲げてある。

IMGP4553.jpg

徒歩10分程、15時20分前に岩村駅に到着する。

岩村観光協会 公式HP



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2016年1月23日再編集
2016年5月30日再編集(文体変更・画像整理)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 明知鉄道 全16話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --