hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【296】塩田平を行く、信州の鎌倉へ・・・上田電鉄別所線(3)下之郷駅下車観光 生島足島神社  


この下之郷は、地元の大神社である、生島足島神社(いくしまたるしま-)の門前町になっている。
この別所線も、わざわざ経由する程の大古刹であるので、行ってみよう。



駅舎があった線路の東側は、広場になっており、ロータリーや駐輪場として利用されている。
廃止された西丸子線の代替である、丸子町行きの路線バスも、ここから発車するそうだ。
神社名の書かれた大きな石柱が右手にあり、参道があるので、道なりに行こう。

天気はとても良いが、誰もいない。少しだけ上り坂の参道は、緩やかに弧を描いている。
若緑に囲まれた参道の中程まで行くと、大きな赤い北鳥居【赤色マーカー】がある。

IMGP0074_20161224213518622.jpg
(参道にある北鳥居。)

突き当りの角を左に曲がると、大きな寺の前を通る。
寺の反対側に大駐車場があり、こちらからも入れるが、きちんと表鳥居から入る事にしよう。

表鳥居である、大鳥居【B地点】まで来た。
上田市と丸子町を結ぶ、県道65号線に面しており、大きな観光看板も設置されている。
ここは、「国土の大神、日本の中心」だそうだ。
生島足島神社公式HP

IMGP0085_20161224213523c22.jpg
(東鳥居。外から見ると、森の中にある様な神社だ。)

この生島足島神社は、人と大地に生命力を与える「生島大神(いくしまおおかみ)」と、
人の願いに満足を与える「足島大神(たるしまおおかみ)」の二神を祀っている。
信濃屈指の古社であり、塩田北条氏、武田信玄、真田家や歴代上田藩主も厚く信仰していたそうだ。

太古より、大八州(おおやしま/日本の雅称)の御霊として祀られ、日本総鎮守と仰がられている。
また、平安時代中期の延喜式(えんぎしき※)に定められた式内大社であり、
創建は不詳であるが、平安時代初期には、神戸(かんべ/神事を行うための民戸)を授かっている。
なお、天皇が遷都する場合、この二神をその地に鎮祭するそうで、
明治維新後、京都から江戸に遷都した明治2年(1869年)にも、宮中に鎮祭した記録がある。



東鳥居を潜ると、左手に大きな神池があり、
参道上にある東御門の先は、垣根内の神域になるので、格式を感じる神社である。
この神池の中に神島と言う島があり、小橋を渡ると、上宮である御本社(本殿)がある。
この様式は、池心宮園地(いけこころのみやえんち)と言われるもので、最古の神社配置様式との事。

IMGP0081_20161224213521d57.jpg
(参道と東御門。新緑と朱が鮮やかで、清々しい。)
IMGP0114_201612242135372ba.jpg
(神池と神島。向かいの森に様になっている所が、神島である。)
IMGP0091_20161224213525b4e.jpg
(鴨や亀が沢山住んでおり、長閑に泳いでる様子は、とても日本的だ。)

東御門を潜り、暫く進むと・・・神島の前に到着する。
御本社のある神島には、参橋で結ばれており、隣に神事のみで使う御神橋が並んでいる。

IMGP0099_2016122421352925c.jpg
(御本社と御神橋。)
IMGP0097_20161224213528ba2.jpg
(御神橋。参拝者は、手前のコンクリートの参橋を使う。)

御本社(上宮)【鳥居マーカー】は、神島の中央にあり、朱塗りの柱が映える。
御神体は銅鏡等の器物ではなく、内殿の土間になっているそうで、直に見えない様になっている。
また、神島内や神池の向こう岸には、荒魂社や八幡社等の小さな摂社が幾つか鎮座している。
勿論、この旅の安全を願って、参拝しておこう。

この神社には、珍しい農作物の豊穣占いがあり、何と、米粥の出来具合で、
米、麦等のその年の各種農作物の作柄を占うそうだ。毎年1月に執り行われている。
また、7年毎の寅の年・申年に行われる、御柱祭と言う大きな祭りもある。

IMGP0095_201612242135265b3.jpg
(上宮の御本社。御神体が土間である為、床が無い珍しい造りになっている。)

神島から橋を渡って戻ると、御本社の向かいに、
神楽殿と下宮である諏訪神社【黄色マーカー】がある。
狭い境内に、上宮(内宮)と下宮(外宮)が、真正面に向かい合っている配置も珍しい。
片参りにならない様に、こちらも参拝しておこう。
また、11月から4月は、諏訪神社の御祭神が御本社に移り、御籠りするとの事。
毎年春になると、この下宮に遷座するそうだ。

由緒では、諏訪神社の御祭神である建御名方神(たけみなかたのかみ)が、諏訪に降りられた際、
この地に留まり、二柱の大神に奉仕して、米粥を献じたと言われている。
先程の粥を使った占いや御籠りも、これに由来するものだ。
また、雨乞い由縁の神社でもあるので、降水量の少ないこの塩田平の風土に適していると思う。

IMGP0100_2016122421353150e.jpg
(神楽殿。諏訪神社の拝殿になる。舞の他、結婚式も執り行われる。)
IMGP0109.jpg
(諏訪神社。江戸初期の上田藩主・真田信之が再建した。長野県の県宝になっている。)

諏訪神社と神楽殿の間の狭い場所には、樹齢800年の大ケヤキがある。
左右二本で夫婦、西のケヤキの洞内も夫婦になっており、
夫婦円満、良縁子宝、安産子育の御神木となっている。

IMGP0107_20161224213533331.jpg
IMGP0101_20161224213532a95.jpg
(夫婦欅。)

諏訪神社の北側には、木造の大きな歌舞伎舞台【青色マーカー】が残っており、
民俗的な農民歌舞伎舞台が、隣り合わせにあるのも面白い。
地元の言い伝えでは、明治元年(1868年)の竣工と伝えられ、
例祭の時のお楽しみとして、色々な催し物が開催されたのであろう。
手前の広い空き地は、観客席のスペースである。
その後は、一時、小学校として利用されたり、集会所として利用されたそうだ。

IMGP0111_20161224213536e68.jpg
(歌舞伎舞台。長野県の県宝であり、規模も全国トップクラスとの事。)

中は自由に見学が可能で、武田信玄が宿敵上杉謙信との川中島合戦の必勝を願った「願文」や、
配下の武将が信玄に忠誠を示した83通もの「起請文」、真田家の朱印状等が展示されている、
郷土資料館になっており、戦国時代好きには必見である。
特に、配下の中堅武将肉筆の起請文は、現代語訳と解説も付けられており、
人柄やその時代も感じられるもので、とても面白い。

舞台には、直径4.5mの回転舞台やセリが復元整備され、舞台下も見学出来る。
横16m・奥行き12mの大きなものである(屋内は撮影禁止の為、画像はご容赦願いたい)。



そろそろ、駅に引き返すとしよう。
神社に隣接して、真言宗智山派の理智山長福寺【万字マーカー】がある。
平安時代中期創建と伝えられ、塩田平南方の霊峰独鈷山(とっこさん)の鬼門の位置の
生島足島神社に、独鈷山の守り仏である薬師如来を勧請したのが由来との事。

昭和17年(1942年)に建立された、奈良法隆寺の夢殿を1/2スケールで模した信州夢殿があり、
安置されている観音像は過去に三回も盗難されたが、全て戻って来たと言う不思議から、
「お戻り観音」として親しまれているそうだ。
信州夢殿長福寺公式HP(※夢殿の画像あり。御本尊拝観は要予約。)

IMGP0078_20161224213520153.jpg
(理智山長福寺。)
IMGP0116_201612242135398c6.jpg
(本堂。戦後の飛び火による焼失の為、防火対策のコンクリート建築になっている様だ。)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

(※)
延長5年(927年)制定。当時の律令制度で定められた律令格式(法律)の一部。
細則に当たる式の部分に、当時の朝廷から公認された神社を記した一覧がある。
有名であっても、反朝廷勢力の場合は、記載されなかった。

【参考資料】
現地観光案内板
上田電鉄別所線沿線ガイドマップ(上田電鉄発行)
生島足島神社公式HP
信州夢殿長福寺公式HP

2016年12月24日再編集(画像入れ替え高解像化・校正)

© hmd all rights reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 上田電鉄別所線 全9話

thread: 鉄道の旅 - janre: 旅行

tb: --   cm: --