hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【89】木造レトロ駅めぐり・・・大井川鐵道2011(6)千頭駅 その2 駅舎編&五和駅追加訪問  


改札口に行き、駅舎内に入ってみよう。
地方ローカル線の改札としては、近代的で非常に大きい。
なお、改札手前から、左手の風防室を通ると、井川線のホームになる。
この駅には、大井川鐵道直営の立ち食い蕎麦店もあり、撮影や旅の合間の小腹を足すのに丁度良い。

IMGP9221.jpg
(改札口前。大井川鐵道の駅の中で、最も近代的になっている。右端に蕎麦屋がある。)
IMGP2336.jpg
(改札横には、昭和の頃に良くあった記念メダル発行機と刻印機があるのが懐かしい。)

金属パイプの改札を通ると、木製のテープルとベンチが置かれた
30畳以上の広い待合室になっており、大きな直営売店もある。
また、この駅には、有人の出札口が複数設けられている。

IMGP9196.jpg
(広い待合室と出札口。)
IMGP9197.jpg
(待合室に併設された直営売店。菓子・飲料から土産品まで、取り扱っている品数も多い。)

北に面した駅舎正面に出てみると、屋根下のアールのデザインが特徴的で、
側壁に木が使われているのが特徴だ。
駅前には、小さなバス乗り場と数軒の商店や喫茶店が並んでいる。

IMGP9186_201601210001038c4.jpg

今日は、始発電車乗りの早朝出発だったので、お腹が空いてきた。
実は・・・昨日、大鐵フードにスケジュールの事情を話し、
駅弁を千頭駅の直営売店で受け取れる様にして貰っているので、売店に行こう。

人も少なく、天気も良いので、駅前のベンチで食べる事にする。
今回は、「大井川ふるさと弁当」(1,050円/オリジナルお茶缶付き)で、
名物の「汽車弁当」に並ぶ、看板商品になっている。
紙製のレトロ籠風になっていて、蓋には静岡方言のウンチクが書いてある。
大井川鐵道公式HP内・大鐵のお弁当

IMGP9189.jpg
IMGP9191.jpg

ワカメや梅入りの大きなおにぎり、山女の甘露煮、桜海老の佃煮、野菜の旨煮、
田舎味噌付き蒲鉾等・・・ご当地静岡特産のおかずが、盛り沢山になっている。
おかずは、全体的に甘口であるのが、お国柄と言える。
また、ご飯は蒸気焚きで、冷めても粒がふっくらとボリュームが有り、大変美味しい。
量も、見かけによらず多いので、大人の男性でも満腹になる位だ。

IMGP9192.jpg

掛け紙は記念に取っておこう。
また、C11-190号機の記念絵葉書が付いており、絵柄は数種類あるそうだ。
オリジナルの静岡茶缶も付いているので、量と内容共に大満足である(※)。

IMGP9194.jpg
(掛け紙と記念絵葉書。)



平成28年(2016年)2月に、訪問できなかった五和駅(ごか-)を訪問したので、
ここで紹介したいと思う。
金谷駅から四駅目の小さな木造駅舎のある駅で、神尾駅のひとつ手前の駅になり、
金谷から大井川西岸に続く市街地の最北端の地区になる。



五和駅は、昭和2年(1927年)6月開業、起点駅の金谷駅から5.0km地点、所要時間約10分。
所在地は島田市竹下、標高84mの島式ホーム一面二線の列車交換可能駅・無人駅である。
なお、この駅を出発すると、金谷の町を離れ、大井川の自然の中を走って行く。

IMGP2030_20160730145645a34.jpg
(五和駅ホーム全景。)

周辺は、静かな住宅地だが、開業当時の木造駅舎が時代のミスマッチの様に佇んでおり、
近年は、駅名の縁起語呂合せで、「合格駅」として、有名になっている。

丁度、受験シーズンにあたり、ボランティア会長のW氏が飾り付けを行っていたので、挨拶をする。
この凧の飾り付けは、取り外し可能だそうで、鉄道ファンの撮影にも考慮しているとの事。
また、難読地名でもある、この五和の地名由来は、五つの村が集まった事からだそうだ。

IMGP2017_20160427145507ddc.jpg
(ホームから駅舎本屋。)
IMGP2046.jpg
(凧で飾り付けされた改札口。合格祈願列車にもタイアップしている。)

ボランティアのW氏の話によると、荒れた駅事務室や待合室を整備し、
元の姿に戻したとの事で、出札口周辺も有人駅の様に大変綺麗になっている。
なお、木目の板や窓枠も水で洗ったそうなので、その熱意に驚かせられる。
出札口には、木彫の合格地蔵尊が安置され、平成27年(2015年)11月には全国生中継もされ、
新しい名物となっているとの事。

なんと、今日は、NHK静岡の取材があるそうで、駅に出向いたそうだ。
将来的には、駅事務室を開放して、住民のコミュニティに使ったり、
金谷地区の他の駅も整備したいとの事で、大井川鐵道も活動を協力している。

IMGP2028.jpg
(待合室と出札口。鉄道手小荷物窓口も綺麗な状態になっている。)
IMGP2088.jpg
(五和駅出入口。)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

(※)大鐵フードは東海軒に事業譲渡の為、茶缶サービスは終了。売価も変更されている。
   名物の汽車弁当は終売らしい。

【謝意】
金谷コミュニティ委員会のW様、訪問時はありがとうございます。厚くお礼申し上げます。

2016年4月27日五和駅記事追加
2016年6月21日再編集(記事分割追加)
2017年3月15日再編集(画像調整)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 大井川鐵道本線2011 全14話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --