hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【288】スカーレットトレインでワイキキへ・・・名古屋鉄道蒲郡線(5)西浦駅周辺散策 西浦山無量寺  


少しばかり、この西浦駅周辺を散策しよう。
西浦温泉に行こうかと考えたが、バスの往復と見学に必要な時間を考えると、難しい。
駅舎横の広告板を見ると、至近距離に有名な古刹がある様なので、行ってみよう。



西浦駅の吉良吉田方にブリキの立て案内看板が有り、踏切を渡って、
静かな住宅地を真っ直ぐに歩いて行くと・・・
突然、中国風の高い仏塔が見え、無量寺【万字マーカー】と言う寺がある。
駐車場も大きく、出入りしている車も多い様子だ。

IMGP1425_201612260629599bd.jpg
(静かな住宅地の中に、突然、大きな駐車場があり、仏塔が見える。)

駐車場を真っ直ぐに横切って行くと、参道【赤色ライン】がある。
此方側には、山門が無いので、駐車場連絡用の参道であろう。
参道に入ると、大量の絵馬が吊るされているのに圧倒される。
絵馬の反対側には、仲見世もあり、「いらっしゃい。」と、中年男性の店員に声を掛けられる。
漬物や海産品等の土産品も多く置かれ、普段からの参拝者も多い雰囲気だ。

IMGP1430_201612260630010ab.jpg
(参道と仲見世。緑も多く、良く整備されている。)
IMGP1473_20161226063015466.jpg
(圧巻の絵馬。御本尊祈祷後に、掲げてくれるそうだ。)

入り口から40m程歩くと、中規模の大きさの本堂前に出る。
この無量寺は、平安時代中期の天暦五年(951年)の開基と言われ、千年の長い歴史がある。
古来から、厄除け難病封じの寺として有名だったらしく、現代になってからは、
ガン封じ寺として、全国から多くの人達が詰めかけ、賑わいを見せている。
町の小さな寺であるが、参拝者が多い為、有名寺院の様な明るい雰囲気があるのが特徴だ。

宗派は真言宗醍醐派、山号は西浦山。秘仏の不動明王が本尊となり、西浦不動とも言われている。
また、東海三十六不動尊霊場第十九番札所、三河新四国霊場第六十一・六十二番札所にもなっている。
新四国霊場とは、本場四国での遍路には、かなりの日数と経費を要する為、
万人に弘法大師の御縁に触れる事が出来る様に、地元各地に開かれているものとの事。

IMGP1431_20161226063002a5e.jpg
(無量寺本堂。再建されたものらしいが、立派な本堂である。)

本堂東隣には、正方形のガン封じ堂がある。
外壁まで奉納されている絵馬の年齢を見ると、60代以上の高齢の世代が多いが、
30代そこそこの人も少なくない。ガンが国民病であるのも、ひしひしと感じられる。

IMGP1441_20161226063005507.jpg
(ガン封じ堂。)

ガン封じ堂の隣には、蒲郡市指定天然記念物の大楠がある。
幹周り7.9m、樹高11.8mもあるが、幹は空洞になっていて、樹皮だけで生きている老木との事。
冬でも緑々とした常緑樹で、葉ぶりはとても良いので、とても元気そうだ。

IMGP1451_201612260644186e5.jpg
(大楠。蒲郡市内で、二番目の大木とのこと。)

駐車場からも良く見えるこの仏塔は、どこかで見た様なものだが、
中国西安にある玄奘三蔵ゆかりの慈恩寺大雁塔のレプリカだそうだ。
「日本大雁塔」と名付けられ、本物の1/3の大きさだが、5−6階建て相当の高さ20mもある。

IMGP1449_20161226063009bf9.jpg
(身代わり滝不動、縁結び堂と仏塔。仏塔内部は、非公開になっている。)

本堂南に伸びる小道が参道であるが、自家用車やバスでの参拝が多いので、
あまり人通りはない様子だ。桜並木になっているので、春はとても綺麗だろう。

IMGP1434_201612260630038a0.jpg
(薬医門。)

山門横から本堂裏手にかけて、祠付きの地蔵が沢山並ぶ八十八ヶ所霊場巡りがある。
これも、弘法大師空海の四国のお遍路を模したものだ。
煉瓦で出来た祠の中の地蔵は、ひとつひとつが違う表情をしているので、観察するのも面白い。

IMGP1443_20161226063006c4f.jpg
IMGP1444_20161226063008085.jpg
(八十八ヶ所霊場巡りの地蔵群。)

本堂内陣にお邪魔してみよう。
入り口の両横には、絵馬の受付台がある。1枚500円で祈祷奉納してくれるそうだ。
準備されている枚数も多く、沢山の絵馬奉納があることが判る。
なお、ガンで無い人の予防祈祷も可能との事なので、1枚奉納しておこう。

願いごとを書く裏側に、人体図があり、患部を丸で囲むか塗りつぶす様になっている。
予防祈祷の時は、人体を大きく丸で囲めば良いらしい。
また、住所、名前と年齢を書く欄があるので、記入しておく。

IMGP1453_20161226064419625.jpg
(本堂。)
IMGP1456_2016122606442022f.jpg
(名物の癌封じ絵馬。)

御本尊前には、20-30人もの人達が座っており、熱心に祈祷しているのを見ると、
けっして、観光の寺では無い真剣さを感じる。

IMGP1467-001jpg.jpg
(本堂内陣。)

また、親子二代の住職によるユニークなガン予防法話が名物で、随時開催されるらしい。
寺の絵巻を見ると、ガン予防の心得なるものがある。
それを見てみると・・・。

1.タバコを吸いすぎず塩分をとりすぎないこと。食べすぎもだめ。
2.お茶の煎じすぎ、コーヒー等の熱すぎるものを飲まないこと(食道がん)。
3.わらびの穂、フキノトウをあまり食べないこと(アクの強いものはだめ)。
4.脂肪分を摂りすぎないように。特に好むと乳がんや大腸がんになり易い。
5.同じ食品を繰り返して食べないこと(好物でも毎日は食べない)。
6.心が乱れると血液を不浄にする。心おだやかに、信仰の心も大切です。
7.サンマと大根おろしを食べるとガンになる。但し、レモンを加えると良い。
8.タラコと漬物のお茶漬けはガンになる。但し、梅干しを加えると良い。
9.大豆製品と海藻類は特別に良い食べ合わせです。緑黄色野菜と共にガンを抑制する。
10.人間は男女が陰と陽であり、夫婦縁が乱れると血を不浄にする。
(原文を尊重し、読点と句読点を追加。)

医学的な裏付けが怪しいものや迷信的なものもあると思うが、とても面白い。
所々、自分にも該当するので、戒めようと思う。

本堂西側の部屋には、シルクロードの敦煌・洛陽・蘭州の石窟寺院を模した千仏洞巡りがある。
シルクロードの石仏を模したものは、国内でも珍しいらしく、参拝無料との事なので、見ていこう。
入り口に数珠なりに付けられているのは、旅行会社のバッチや名刺である。

IMGP1459_20161226064422278.jpg
(千仏洞入口。)

幅約1mも無い狭い通路は、迷路状に曲がっており、足元も危ない位に暗くなっている。
通路の壁には、無数の小仏が並べられ、霊幻な雰囲気を醸し出している。
暗所が苦手な人や小さな子供は怖がってしまう位だ。

暫く、小刻みに歩いて行くと・・・
大きな部屋があり、線香の煙がくゆる中に大日如来が安置されている。
線香とロウソクを奉納し、健康安泰の祈願しておこう。

IMGP1461_201612260644232e8.jpg
(大日如来。大仏の前に行き、毛ばたきで撫でる事も出来る。)
IMGP1463_20161226063012dc3.jpg
(シルクロードの石仏壁を模しており、雰囲気が良く出ている。)

【西浦山無量寺】
年中無休、朝8時から夕方17時頃まで。西浦駅から徒歩5分。無料駐車場あり。
参拝無料(宝物殿のみ有料、大人500円)、絵馬1枚500円、ガン封じの祈祷3,000円から。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

【参考資料】
「名鉄西尾・蒲郡線沿線おすすめマップ」(市民まるごと赤い電車応援団・2014年)
蒲郡市観光協会公式HP

2016年12月26日再編集(画像入れ替え高解像化・校正)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 名古屋鉄道蒲郡線 全10話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --