hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【14】SL列車とレトロ駅訪問の旅・・・大井川鐵道2010(14)大井川鐵道の電車と電気機関車。  


此処で、大井川鐵道の現役電車と電気機関車を、簡単に紹介したいと思う。
昭和24年(1949年)に直流1500Vで電化された為、戦後直後から電車や電気機関車を導入している。

◆電車◆

蒸気機関車やSL列車の人気に隠れているが、往年の名車揃いであり、
鉄道ファンのみならず、特に京阪エリア在住の一般観光客にも、懐かしく感じる。
過去の電車には、関東の小田急電鉄や西武鉄道の譲渡車両も走ったが、
現在は、関西民鉄の譲渡車両が活躍している。
なお、塗装や車番は、譲渡元の現役当時のままで運用する方針があり、
保存鉄道としての役割も担っている。

大鐵形式16000系21000系3000系420系
稼働編成数2両編成×3本2両編成×2本2両編成×1本2両編成×1本
譲渡元会社近畿日本鉄道南海電気鉄道京阪電気鉄道近畿日本鉄道
製造会社近畿車輛帝国車両川崎重工業日本車両製造
製造年昭和40年昭和33年昭和46年昭和28年
大鐵入線年平成10年平成6年と
平成9年
平成7年平成7年
全長20.0m17.7m18.7m19.8m
全幅2.7m2.7m2.7m2.7m
高さ4.2m4.0mモハ4.2m
クハ4.1m
モハ4.1m
クハ3.7m
自重42.0+34.0t37.0+37.0t35.0+31.0t42.2+28.5t
特記元吉野行特急
客扉折戸式
ズームカー
全車動力車
初期車
テレビカー
京阪本線特急車両
東京営団地下鉄
FS-502A台車
旧近鉄特急色
吊掛駆動
冷房無
休車中
(千頭駅留置)


全ての車両は、2両編成になっている。
ワンマン化改造がされており、料金箱、整理券発行機、電光運賃表や
自動放送装置(停車駅案内)が備え付けられ、
車内トイレは、大井川鐵道では汚物処理施設が無い為、閉鎖されている。
有人駅以外の乗降方法は、後ろ乗り、バスと同じの前降り精算方式になる。

【大井川鐵道16000系/元・近畿日本鉄道16000系】
 
大きな窓の明るい車内で、往年の近鉄特急の貫禄がある車両だ。
三編成あり、現在の主力電車になっている。
走行音も静かで、フワフワとした空気バネの乗り心地が特徴である。

IMGP1374.jpg
IMGP1375.jpg

【大井川鐵道21000系/元・南海電気鉄道21000系】

元・高野山行き特急・急行電車。50‰の勾配を登坂する為、全車モーター搭載になっている。
貴重な初期車となっており、全席転換クロスシート仕様である。
重心の低い剛性のある走行感で、16000系とは違う乗り心地である。
 
IMGP2456.jpg
IMGP1573_2.jpg

【大井川鐵道3000系/元・京阪電気鉄道3000系(2代目)】

有名なハトのヘッドマークを掲げた、京阪特急「テレビカー」であるが、
残念ながら、テレビは取り外されている。
台車は、京阪電気鉄道と大井川鐵道では軌間(レールの間隔)が違う為、
東京営団地下鉄(現・東京メトロ)の台車に履き替えている(※1)。

IMGP2446.jpg
IMGP2447.jpg

【大井川鐵道420系/元・近畿日本鉄道6421系→のち420系】

元・近鉄特急車両。近鉄時代に格下げの為、客用乗降口が3扉に改造され、
塗色は16000系より以前の旧近鉄特急色になっている。
千頭駅構内の側線に留置されており、休車状態である。
モーターは吊り掛け駆動、冷房が無い車両になっている(※1)。

IMGP9164.jpg

◆電気機関車◆

昭和24年(1949年)に電化が完了したが、最初の2年間は電車が導入されなかった為、
電気機関車牽引の客車列車が運行されていた。
当時は、終戦直後の時期でもあり、現在走行している国鉄旧型客車の様な立派な車両ではなく、
古い鉄道省払い下げ車両や、エンジンを降ろして付随車化されたガゾリンカーを牽引していたそうだ。
電車導入後は、貨物列車の牽引に使われたが、昭和58年(1983年)に貨物は廃止された。
SL列車復活後から現在は、後部補助機関車や構内入換機関車として活躍している。

合計6両在籍し、3両稼働中で、3両整備中になってる。
主にSL列車の後部補助機、ビール列車等のイベント列車牽引の他、
時々、電力会社の単発契約の貨物列車や工臨(工事用臨時列車)を牽引している。


E10形 2両E500形 1両E31形(二代目) 3両
車番E101・E102いぶき501E32・33・34
発注会社大井川鐡道(自社発注)大阪窯業セメント西武鉄道
製造会社三菱日立製作所西武鉄道所沢工場
製造年昭和24年昭和31年昭和61-62年
大鐵入線年昭和24年(電化時)平成12年平成22年
電流圧直流1500V直流1500V直流1500V
軸配置・駆動方式B-B 吊り掛けB-B 吊り掛けB-B 吊り掛け
全長12.8m12.6m11.0m
全幅2.7m2.7m2.7m
高さ4.1m E102は+0.1m3.8m4.2m
自重45.0t50.0t40.7t
一時間定格出力600kW600kW520kW
一時間定格引張力7,000kg9,000kg5,300kg
デッキありありなし
運転席窓庇E101なし E102ありありなし
特記E101はタイフォン
E102はタイフォン
+ホイッスル
箱型二灯前照灯
最高速度65km/h  
整備中 重連総括制御可
国鉄80系電車台車DT-20A


【E10形/101・102】
大井川鐵道が電化した際に、自社発注したオリジナルの40t級電気機関車で、
現在も主力機として使われている。
国鉄の旧型電機機関車EF15(長さ17.0m、自重86.4t、1時間定格出力1,900kW)似で、
EF15と比べればE10形は小さいが、当時の民鉄向け電気機関車としては大きく、牽引力もある。
また、日立製のE103号機も導入されたが、廃車状態であり、千頭駅構内に留置展示されている。

IMGP3652.jpg
(整備中のE10形102号機。電気機関車としては珍しい、タイフォンを装備する。)

【ED500形/いぶき501】
元・大阪窯業セメント発注の50t級電気機関車。
昭和31年(1956年)の日立製で、同社伊吹工場で使われていたので、「いぶき」号の愛称がある。
E10形よりも、やや低く肉薄感のある屋根と箱型ヘッドライトが特徴である。
平成11年(1999年)に同社専用線の廃止により、大井川鐵道に譲渡された。
なお、いぶき502号機も同時譲渡されたが、平成12年(2000年)の中部国際空港埋め立て工事の為、
三重県の三岐鉄道に、501は貸与、502は再譲渡された。
埋め立て工事終了後、501は返却されたが、502は西藤原駅で静態保存されている(※)。

IMGP9283_2016073016362269a.jpg
(SL急行列車の後部補機として、仕業中のED500形いぶき501号機。)

【E31形/32・33・34】
元・西武鉄道の40t級E31形電気機関車(二代目)である。
長らく、西武鉄道で貨物や臨工列車(工事列車)の牽引をしていたが、
それらの廃止の為、平成22年(2010年)9月に大井川鐵道に譲渡された。
活躍中の旧型電気機関車のE10形(101・102)やED500形(いぶき501)の
後釜と言われているが、まだ、本線運用には入っていない。

E31形の台車は、国鉄80系電車の台車を流用したもので、
E10形と比べると全長が2m近く短く、出力も約13%小さくなっている。
未確認だが、E33号機は部品取り用との事。
なお、トップナンバーのE31号機は、西武鉄道で保存されている。

IMGP9144.jpg
(E34、E32、E33号機が順に並ぶ。千頭駅にて。)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

(※1)2016年6月時点、廃車された模様。
(※2)2015年に解体された模様。

2015年11月22日再編集
2016年6月27日再編集(文体変更・文章講座・画像整理)
2017年3月14日再編集(画像調整)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 大井川鐵道本線2010 全15話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --