hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【209】あかがねの鉄路を追って・・・わたらせ渓谷鐡道(17)上神梅駅[後編]駅舎見学  


駅舎本屋を見学してみよう。
足尾鐡道開通時の大正元年(1912年)当時の木造駅舎が、今も使われている。

IMGP2567_20151203091812a75.jpg
(ホーム側駅舎本屋。)

今年で、丁度、100年目になる。
これだけ古い駅舎なので、テレビや映画のロケにも、良く使われている。
ほぼホーム中央の西側に建てられた木造切妻平屋建ての中型駅舎で、
南側の桐生方に駅事務室、北側の間藤方に待合室を配している。
なお、ホーム側には、波形トタン葺きの長い庇が延びるが、
駅舎がホーム端から離れている為、ホーム上に庇が掛かっていない構造になっている。


(ホーム側からの改札口。)

改札口には、コの字型の木製ラッチが残っており、
少し傾き、角が擦り切れた風合いは、とても年季を感じる。
庇の梁は、割りと簡易な造りで、波形トタンの直葺きになっている。


(改札口の木製ラッチ。)

(ホーム側庇の裏側。)

改札口を通り、待合室に入ってみよう。
北側の間藤方の壁沿いに、コの字型の木造ベンチが設置されている。
これだけ古い駅舎であるが、今でも、木の香りが充満している。

三方に腰高窓があるが、北側にある為、薄暗くひんやりとしている。
床はコンクリートの流し込みで、四角に溝が掘られており、
半間でひと升分になっており、南北に4間(5.8m)・東西に2間(3.6m)で、
20.88m²、約6.3坪の12畳程度の広さである。
なお、掃除が大変行き届いており、地元住民がまめに掃除をされている様子だ。

IMGP26031_20151203091816c3e.jpg
(待合室とコの字木造ベンチ。)

残念ながら、出札口や鉄道手小荷物窓口は、ベニア板で閉鎖されている。
左側の台が手小荷物の受付台、右側が出札口と思われる。

高さのやや低い、民家風の竿縁天井(さおぶち-)であるのは、
同時期に開業した神戸駅(ごうどえき)と同じです。
しかし、この上神梅駅の内部は無塗装であり、本来の姿と思われる。
壁も全て羽目板を使い、濃い木目の風合いが、年季を感じさせる。


(出札口跡と手小荷物窓口跡。)

(無塗装の竿縁天井。)

登録有形文化財登録証のコピーも、掲示してある。
この上神梅駅は、わたらせ渓谷鐡道の中でも、最初に登録されている。
わたらせ渓谷鐡道では、駅や鉄橋等の38箇所が国登録有形文化財に指定されており、
いち鉄道会社では、国内で一番多くなっている。
ちなみに、2番目は、天竜浜名湖鉄道(静岡県西部・登録有形文化財指定36箇所)になる。

IMGP2626.jpg
(国登録有形文化財の証書コピー。)

壁の上段には、地元小学生が描いた絵が幾つか飾られており、その中には駅の絵も・・・。
緑や花がいっぱいなので、子供達にも、大変印象深い駅であるのだろう。
単調な色彩の駅舎の雰囲気に、彩りを添えている。




木造駅舎らしい貫禄のある引き戸付きの出入口から、駅前に出てみよう。
駅前はとても広く、ロータリー中央に小さな花壇と木製電柱があり、
違和感があるが、このアンバランス感も味なのだろう。

IMGP2574_20151203091813b3c.jpg
(駅出入口。)

(駅舎遠景。)

屋根と南側外壁は補修されているが、全体的に往年の姿を維持している。
元々は、神戸駅(ごうど-)と同じ、コンクリート製瓦であったと思われる。

南側の駅事務室が、ホームの庇のラインまで拡大しており、腰折れ屋根になっている。
こちら側は、取って付けた感じもするので、昭和5年(1930年)の増築部分かもしれない。
現在、歌謡教室として、駅事務室は活用されているそうだ。

IMGP2572_201601140032279f7.jpg

(駅舎の南側妻面。)

駅舎の北側には、外壁に回りこむ様な外ベンチがあり、混雑時の臨時改札口も設置されている。

IMGP2577_201512030918141bf.jpg

白い桜を愛でながら、ちょっと座って、駅の雰囲気を楽しむ事にしよう。
苔生したトタン屋根も、侘び寂びがある。

IMGP2615_20151203120902bf6.jpg

◆国登録有形文化財リスト◆
「わたらせ渓谷鐡道上神梅駅(かみかんばいえき)本屋及びプラットホーム」
所在地群馬県みどり市大間々町上神梅193-2 他
登録日平成20年(2008年)7月8日
登録番号10-0264
年代大正元年(1912年)築/昭和5年(1930年)増築
構造形式[本屋]木造平屋建、鉄板葺、建築面積56㎡。
[プラットホーム]コンクリート造、延長108m。
特記足尾と桐生を結ぶ旧足尾鉄道の駅舎。桁行7間、南半を梁間3間の事務室、
北半を梁間2間の待合室とした木造平屋建で、
東・西・北面に1間幅の庇をめぐらす。
東方には、側面布積としたプラットホームを接続。
鉱業で繁栄した往時の姿を今に伝える。
(文化庁公式ページの国指定文化財等データベースを参照・編集・)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2016年1月14日再編集
2016年12月8日再編集(文体変更・文章追加・画像整理)

© hmd all rights reserved.
記事や画像の転載、複製、商業利用等は固くお断り致します。

category: わたらせ渓谷鐵道1日目 29話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --