hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【190】信州松代、あるローカル線の最後の秋に訪ねて・・・長野電鉄屋代線(36)小布施めぐり[7]浄光寺  




陽が西に傾いて来たが、もうひとつ、古刹を訪問してみよう。
岩松院の駐車場を出発、岩松院前の交差点からふたつ南の花公園交差点を左折し、
細道を奥へと行くと・・・浄光寺【万字マーカー】がある。
(薬師堂は国重要文化財、拝観料無料、16時頃まで、無休、撮影可。)

IMGP9235_20161227095126584.jpg
(浄光寺の案内看板。)

とても静かな山寺である。
大銀杏が見事な黄色になっていて、辺りには銀杏の香りが風に乗って漂い、人気も全く無い。
日本的な秋の情緒に、思わず、「おお・・・」と感嘆の声を上げる。

寺伝によると、奈良時代初期の天平2年(730年)に開基し、
後に、征夷大将軍の坂上田村麻呂が、改築したと言われる由緒ある古寺だ。
宗派は真言宗豊山派、山号は浄瑠璃山、地元では雁田薬師とも言われ、
正式には、浄瑠璃山医王院浄光寺になる。

奈良時代初期の天平2年(730年)、聖武天皇の皇后・光明皇后の願いにより設立された、
施薬院(せやくいん)がルーツで、諸国から献上された薬草を使い、
貧しい庶民の病気治療や施薬を行っていたそうだ。その後に、祈願寺となっている。
現在は、がん封じ・厄除け・縁結びや、パワースポットの寺として有名になっている。
北信濃小布施/浄光寺公式HP

IMGP9237_20161227095127191.jpg
IMGP9238_20161227095128a57.jpg
(浄光寺と大銀杏。)

銀杏の黄葉にまみえた仁王門が最高だ。何とも言えない風情がある。
奥には・・・杉並木の長い石段が続いている。登ってみよう。
ここは、只ものでは無い雰囲気を、ひしひしと感じる。

IMGP9242.jpg
IMGP9244_201612270951314b4.jpg
(仁王門。)

この石段は、この山で採れる雁田石と言う自然石を、無造作に敷いてあるが、
体を屈めて見ると、きちんと先端が一直線に揃っているそうだ。
この光景は、数百年間も全く変わっていないとの事。

IMGP9253.jpg
(雁田石の石段参道。)

木漏れ日が差し込む、大杉が立ち並ぶゴツゴツとした石段を登り切ると・・・
北信州エリアで、最も古い薬師堂がある。
今から600年前の室町時代初期・応永15年(1408年)の再建と言われ、
大変貴重である事から、国の重要文化財にもなっている。
御本尊は薬師如来を安置し、「縁結びのお薬師さん」としても有名だ。

境内に踏み入ると・・・怖さにも似た、物凄い波動を全身に感じる。
まるで、地面から何かが天に向かって、上がっている様な感覚である。
その方面に敏感な人なら、ここが、パワースポットと言われるのが判ると思う。

大きさは、桁行三間(横幅5.5m)・梁間四間(奥行き7.3m)で、単層の入母屋造り茅葺きになる。
昭和21年(1946年)の修理時に墨書が見つかり、築年が判明したそうだが、
相当に古い文化財級建築物として、明治40年(1907年)には、
国の重要文化財として既に指定されていたそうだ。

IMGP9258_201612270951345da.jpg
IMGP9271.jpg
(薬師堂。)

また、堂前に聳える一本柱は、回向柱(えいこうばしら)である。
御堂等の完成時や記念時に建てられる木柱で、祈願の真名等が梵字で記されている。
五重塔等の多宝塔が、五輪塔に代用され、更に、四角木柱で代用されたものであり、
供養時や墓所で見られる板塔婆も、それが簡略化した同類のものである。

IMGP9269_20161227095140e57.jpg
(回向柱。「かいこう」ではなく、「えこう」と読む。)

石段を登り切った右手には、百度石も設置されている。
破損しているものや、撤去されるものも多いが、完璧な状態で残っている。
文字が右横書きなので、明治から戦前の間に設置されたものだろう。

これは、民間信仰と仏閣信仰が迎合し、祈願成就の百度参りに使うもので、
一日に百回参拝する回数を勘定するものだ。
棒に刺された鉄の円盤を、参拝毎に、1枚ずつ算盤の様にスライドして使う。
なお、本来の百度参りは、数日間と期間を決めて参拝していた。
しかも、この石段を仁王門から登り降りするので、相当きつかっただろう。

IMGP9266_20161227095139806.jpg
(百度石。)

背がやや詰まったハートマークの石灯籠もあり、
とても厳かな古刹であるが、なかなか可愛い。

IMGP9262_20161227095137149.jpg
(ハート形の石灯籠。)

周辺は、深々とした静寂と鄙びた雰囲気が漂い、小さな墓所も点在している。
石段左手の首なし地蔵の代わりの石が、何故か、顔に見えたりもする。
見た時は大変驚いたが、お地蔵様の魂が宿っているのだろう。

IMGP9260_20161227095136305.jpg
(古い首なし地蔵と石仏。)

最後に、薬師堂とお地蔵様に参拝をして、撮影のお礼と旅道中安全を祈る。
石段を降り、戻る事にしよう。

IMGP9273_201612270951438b7.jpg
(建立600年の薬師堂に参拝する。)
IMGP9279_20161227095145ab0.jpg
(石段を見下ろす。)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ


【歴史参考資料】
現地観光案内板
小冊子「信州おぶせ」(小布施町発行)

2016年1月13日再編集
2016年12月27日再編集(画像再処理高解像化・文章修正)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 北信州小布施めぐり 全8話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --