hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【81】伊勢志摩めぐりの旅・・・JR参宮線&近鉄志摩線(8)近鉄賢島駅&英虞湾観光 前半の部  




14時15分、終点の賢島駅に到着する。
頭端式ホームの一角には、特産の真珠のオブジェが雰囲気を盛り上げている。
遠くは、大阪や京都からの特急が、約3時間を掛けてやって来る。
関東で言えば、特急踊り子号に乗り、東京駅から伊豆急行下田駅に行く感じだろう。

IMGP5334.jpg
(頭端式ホームにある歓迎オブジェ。)

この賢島は、干潮時に徒歩「かち」で渡れる事から、「かちこえ島」が訛ったもので、
本州と賢島の最短間隔は、20m程しか離れていない。
なお、縄文時代から人が住んでいたが、後に長らく無人島になり、
志摩電気鉄道が開通した昭和4年(1929年)から、観光開発が進んだ。
現在は、志摩観光の玄関駅として、年間30万人以上の観光客が利用している。

IMGP5331.jpg
IMGP5332.jpg

四面五線の頭端式ホームには、大きな駅ビルが直結しており、
ローカル線の終点としては、立派な観光駅になっている。
1日100本以上もの列車が発着し、海側の1-4番線は特急専用ホームで、
内陸側のホーム長が短い5番線が、普通列車用のホームになっている。
なお、日中の上り列車は、大阪、京都、名古屋行きの特急が、毎時各1本ずつと、
二本の各駅停車が発車する。

また、特急は始発・終着駅付近の主要駅のみ停まる速達の「甲特急」と、
途中の主要駅も停まる「乙特急」があり、この呼び方は近鉄の伝統との事。
なお、大阪-賢島間、名古屋-賢島間、大阪-名古屋間の特急のみに使用される名称だ。

IMGP5335.jpg
(折り返しを待つ伊勢志摩ライナー。)
IMGP5412_20160729184413af3.jpg
(伝統的な近鉄特急色である12000系。)

広い改札口を出ると、駅ビル内には、待合室、売店・土産店、二階にレストランや喫茶店もある。
改札上右手には、懐かしいパタパタ式の列車発車案内表示機がある。
なお、正式には、反転フラップ式と言うが、近鉄社内では、ソラリー式と言う。

IMGP5336.jpg
(改札口。)

駅構内を少し見学した後、売店横のコインロッカーにバックを預けて、外に出てみよう。
駅は半高架になっていて、改札の左手の海側は一段低い為、改札口から階段を降りる。
昔は、上下二段に分かれたホームで、下段に各駅停車のホーム、上段に特急ホームがあったそうだ。

IMGP5337.jpg
(海側駅出入口。)

出口横の観光看板を見ると、駅の近くには、あまり観光施設が無い様子だ。
この賢島に降り立つと、余り感じ無いのだが、英虞湾内に浮かぶ島になっている。

IMGP5341.jpg
(駅前の観光案内板。)

駅出口から南に100mも歩くと、英虞湾内の島の連絡船と観光遊覧船の船着場があり、
狭い平坦地に、郵便局、宝飾店や土産店が集まっている。

英虞湾は、リアス式海岸の為に木々が生い茂った山が海岸まで迫り、良く景色が見えない。
少し散策をしてみたが、海岸線から良い景観の場所は、大きな観光ホテルが立ち並んでおり、
一般観光客は立ち入る事は出来ず、展望公園も見当たらない。

IMGP5344.jpg
IMGP5339.jpg
(駅から直ぐに、湾内の島に渡る連絡船と観光クルーズ船の乗り場がある。)
IMGP5338.jpg
(賢島港は、川の様に横幅が狭い。)

港の係員に、遊覧船の景色の具合を尋ねた所、湾内が良く見えるとの事。
折角なので、1,500円の遊覧船料金を支払い、乗船する事にする。
やはり、賢島の海岸線からは、英虞湾の全景は見え難いそうだ。
志摩マリンレジャー公式HP

出航時間まで少し時間があるので、船着場の周りを散策すると・・・
幾つかの店があるが、ゴールデンウィーク中に関わらず、開店している店は少ない。
かつては栄えたと思うが、1970-80年代の観光地の風情が残っている。

港に面して、この地で最も古い真珠専門店である、明治38年創業の松井真珠店がある。
建物も、賢島まで鉄道が開通した同じ年の昭和4年(1929年)のものだそうだ。

IMGP5340.jpg
(松井真珠店。)

この英虞湾では、古から真珠が特産で、現在も主要産業になっている。
店内には、何十万円もする本真珠のアクセサリーも陳列され、目玉が飛び出るが、
手軽な料金で小物創作体験も出来る(要事前予約・20分程度・1,500円から)。
また、裏手には、「小さな蔵の賢島美術館」があり、松井家が代々所蔵する美術品が展示されている。
松井真珠店公式HP(※公式HP内に、開通当時の賢島駅の画像が、紹介されている。)

また、賢島駅から伸びていた貨物線と貨物駅の真珠港駅は、
現在、線路跡は幅が広い道路になっていて、この船着場先の岸壁に駅があったそうだ。
マピオン電子地図・志摩電気鉄道真珠湾駅(貨物駅)


(国土地理院国土電子Web・賢島。)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

2015年12月3日再編集
2016年7月4日再編集(文体変更。文章追加・画像整理)
2017年3月15日再編集(画像調整)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 伊勢志摩めぐり 全10話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: --   cm: --