hmdの鐵たびブログ ローカル線の旅

のんびりローカル線の鉄道旅を、写真を中心に「見る紀行文」で長期連載しています。

【92】木造レトロ駅めぐり・・・大井川鐵道2011(9)千頭駅 その5 SL急行列車到着編  


千頭駅に午前中に来たのは、到着するSL急行列車を見学する為でもある。
新金谷駅よりも、人は少なく、落ち着いて見学や撮影が出来るのが良い。
しかし、晴れの日は完全に逆光なので、コンパクトデジタルカメラ撮影では、やや難しい感じだ。

今日は、三往復のSL急行列車が運転されているが、
一番列車の「南アルプス号」は、団体専用で家山駅止まりになってる。
12時30分着の臨時SL急行列車と通年運行の13時13分着の「SLかわね路号」が、
到着する予定になっている。

遠くから汽笛が聞こえると・・・1本目の臨時SL急行が、絶気状態で滑り込んで来た。
金属のガシャリという大きな音と、ブブーと言う鈍いブレーキ音がホームに響く。
牽引機は、国鉄仕様に戻されたC54-44号機、客車は5両編成である。
やはり、昨年のタイ国鉄仕様よりも、国鉄仕様の方が、旧型客車に良く似合うと感じる。

IMGP9232_20160730170450908.jpg
IMGP9233_20160730163343613.jpg
(C54-44号機牽引の臨時SL急行列車が、滑り込んで来る。)

南アルプス号から下車した乗客は、客車定員の四割位で、この時期としては大変少ない。
東日本大震災の影響と沿線の桜の開花が遅れている為らしい。
15分もすると、一般観光客の撮影タイムは終了して、ゆっくりと撮影出来る。

IMGP9243_201607301704511f1.jpg
(E10形101とC54-44号機が並ぶ。)
IMGP9240.jpg
(C54-44のボイラとロッド周り。小型な蒸気機関車であるが、重量感がある。)

暫く、その場で停車して、給水と石炭寄せを行う。
隣の2番線に、後補機のE10形(101)が横付けされ、機関車の付け替え作業が始まる。
蒸気機関車は一度、そのままバックをして客車を切り離し、
再度前進して、ポイントを切り替えた後に渡り線を後進しながら、2番線に転線する。
その後に、補機のE101が3番線に転線して、客車との連結を行う。

IMGP9249.jpg

前後共に機関車の入れ替えが終わると、次のSL列車が3番線に到着する為、
本線ポイントを使って、一番川側にある1番線に転線させる。
転車台を使わない機回し作業の見学も、面白い所だ(※)。

1番線に転線後、追加の給水を行う。
乗務員も仕事が一段落して、昼食に出かける様子だ。
ゴーと燃える熱いボイラ、スチーム音と時々聞こえる動作音が、生きている蒸気機関車を感じさせる。
休憩の前に予め多めに投炭する為か、意外に黒煙が多く出ている。

IMGP9261_20160730170453df7.jpg
IMGP9264_2016073016354396a.jpg
(1番線に転線したC54-44号機。)

なお、上り1002レ・臨時SL急行列車は以下の編成で、全てぶどう色の旧型客車はなっている。
金谷← C56-44(逆進)/オハフ33-469/オハ35-559/オハ47-380/オハ47-512/
スハフ42-186/E102 →千頭
編成の両端には、車掌室のあるオハフを連結した正統な編成になってる。

IMGP9270.jpg

今度は、13時13分着の「SLかわね路号」が到着する。
牽引機は、最古兵のC10-8号機「さくら」のヘッドマーク付きの7両編成、
後補機は、ボックス形ヘッドライトが特徴のED500形(いぶき501)になっている。

IMGP9278_20160730163619899.jpg
IMGP9283_2016073016362269a.jpg
(大井川鐵道ED500形「いぶき501」。)

同じ駅に、旧型客車が2編成が佇む光景も、今では贅沢な光景だ。
千頭駅まで運転の三往復の日は、三編成になるので、更に贅沢になる。

IMGP9280_201607301636214cd.jpg

C54-44号機と同様に、給水作業と機関車の付け替えを行う。
付け替え後は、このまま3番線から発車する。
なお、機回し後の上り102レ・SLかわね路号の編成は、以下の通りである。
金谷← C10-8(逆進)/オハ35−435*/オハ35-22*/オハ35-459*/スハフ42-184/
オハ47-81/スハフ42-286/オハ35-857/いぶき501形 →千頭
(*印はぶどう色、無しは青色)

IMGP9288_20160730170454023.jpg
(ED500形いぶき501とC10-8号機。)
IMGP9293.jpg
(金色に輝く銘板。昭和5年製の川崎車両製造になる。)
IMGP9294.jpg
(キャブ。空中の大きなレバーは、自動車のアクセルに相当する加減弁。)

後部のコールバンカー(石炭庫)に並んだ無骨なリベットが、力強くて格好良い。
このC10-8号機の特徴でもある。

IMGP9296_20160730163734c4b.jpg

千頭駅に到着してから、3時間が過ぎている。
周辺の観光も出来るかと思ったが、鉄道の見処が多いので、無理そうだ。
上りSL急行列車の発車まで見学したい所だが、時間の関係もあるので、
13時50分発の上り金谷行きの電車に乗車し、戻りながら駅を訪問しよう。



しなの7号様のブログに、旧型客車の運用の様子が、詳しく綴っておられます。
鉄道員として乗務する方にとっては、電車や気動車よりも手間が掛かったそうです。
是非、ご覧下さい。リンク先から三部構成になっています。
「昭和の鉄道員ブログ」【64】乗務した車両:旧型客車(1)



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ

(※)新金谷駅に転車台が新設された為、千頭駅からの上り列車の逆進は解消している。

2016年1月21日再編集
2016年6月23日再編集(文体変更・文章追加・画像整理)
2016年7月30日再編集(画像再処理・入替え)
2017年3月15日再編集(画像調整)

© hmd All Rights Reserved.
記事や画像の転載、複製、商用利用等は固くお断り致します。

category: 大井川鐵道本線2011 全14話

thread: 鉄道旅行 - janre: 旅行

tb: 1   cm: --